Kajihara Design Studioのブログです
2013.05.19.Sun 最近の事

 
   
   こんにちは、梶原です!

   札幌も少しずつ暖かくなり、気持ち良い風を感じるように
   なりました。
   これから北海道は気持ち良い季節ですねえ。

   この間、北海道LIKERSという、北海道のニュース、人、場所など
   を発信するサイトから取材を受けました。
   私の記事以外も、色んな事が載っているので、
   お時間ある時、是非ご覧ください
   クリック→

   今週は東京と大阪で開催されているgredecanaの期間ショップに
   行ってきました。

   まずは東京渋谷ヒカリエ5階
   
   こちらは緑を背景にgredecanaが展示されています。
   爽やかな場所で休憩のイスなどもあり、リラックスできる
   雰囲気です。
   半年前ほどにgredecanaからヒカリエバイヤーさんに
   突撃アプローチして、今回の機会を頂きました。
   とても嬉しくて、お店のまわりをウロウロしてしまいますが、
   怪しくならないように。。
   沢山のお客様に商品をご紹介出来る機会になればと願います。

   ヒカリエの写真です。
   
   

   そして、大阪はうめだ阪急10階南街区パーク2にて
   gredecanaの商品と生地を展示しています。

   アーカイブの生地を沢山展示させて頂きました!
   そして、一部の素材を販売しています。

   15日に店頭に立たせて頂きましたが、
   生地好き、手芸好きのお客様が沢山いて、沢山お話しました。
   自分で何かを作って個展をする方がいたり、
   gredecanaの素材で服やバックを作った事を伺ったり、
   楽しい時間はあっと言う間に過ぎました。

   生地を見て、楽しんで想像を膨らませて頂く姿を見て、
   作って良かったな、ご紹介して良かったな、と実感します。

   これは表裏の柄が違う、gredecana定番のリバーシブルジャカード
   のコットン素材。
   生地の柄を考える事が複雑です。でも、生地だけでもちょっと興奮する
   インパクトあるかもしれませんね〜。
   バックとして販売しています。

   

   
   これはペーパーヤーンの生地から生まれたバック、ポーチ達。
   紙にプリントして、糸にして、タテ編みで編んだ素材。
   全体の流れを展示しています。
   これを見たお客様からは、糸を買いたいという声が多く。。
   ちょっと考えてみますね〜〜


   

   そして、gredecanaのスカーフやハンカチを作っている
   コットンや麻の素材は、今回販売しています!
   明るい生地でお好きな商品を開発してみてください。。

   

   その他、海外向けファッションマーケットに作っていた生地を
   限定で販売しています。超特殊な生地を限られた分だけ出しています。
   先週ですでに在庫は段々なくなりつつありますが、、

   このように生地をご紹介出来るような販売の機会を頂き、
   うめだ阪急さんに感謝です!
   関西でもgredecanaを多くのお客様に知って頂ければと思います。

   15日はテキスタイルの仕事関係でお世話になっている方々にも
   来て頂き、いつも本当にありがとうございます!
   元気出ました〜〜。。

   両方の店舗共に5月29日まで開催しています

   宜しくお願い致します!
   

      
   

   
   


| 17:30 | comments(3) | - |


Comment











梶原さん、はじめまして。
いつもブログを拝見させて頂いております。
gredecanaの雑貨やお洋服、大好きです。
お伺いしたいのですが、今、梅田で購入できるという生地は、今後関東でも購入できる機会はありますでしょうか?
よろしくお願い致します。
From. emi 2013/05/20 17:30

はじめまして!コメントありがとうございます。
東京では、伊勢丹新宿店 本館5階にて
5月29日〜6月11日まで期間限定ショップを開催予定です。
そこで生地を販売します!
是非見に来て頂ければと思います。
宜しくお願い致します。


From. 梶原 2013/05/20 20:53

梶原さん、こんにちは。
ご丁寧にお返事を頂きまして、ありがとうございました。
ぜひ、伊勢丹に伺わせて頂きたいと思います。
これからもgredecanaの作品を、楽しみにしています。応援してます!!
From. emi 2013/05/22 16:22

Trackback

この記事のトラックバックURL: http://kajihara.jugem.jp/trackback/687